ムダ毛ボーボーでドン引きされた話

ムダ毛について考える女性
私は自身に自信が持てず、いつも相手の心の内が信じられません。

恋人ができても「現実に私の事を好きなのかな?」と自信が持てないのです。
その上自信が無くなるとわざと彼がどこまで自らの事を好きなのか探ってしまう悪いくせがありまして、今度もその悪い癖が炸裂してしまったのです。

このせいで私はやりすぎてしまって彼にドン引きされました。

彼は私に告白してくれて、好きだと言ってくれました。

それは幸福な事けど、どこが好きなのかとかが明確しなくて、私は彼を試したくなりました。

彼がどこまでしても自らの事を受け入れてくれるのか確かめたくてたまらなくなりました。

そうして彼を試す行動を行えるしてしまったのです。

その彼を試すために使ったのが自身の必要ない毛です。

一度必要ない毛を艶やかに処理できていないケースがあって、そのケース彼は「これくらい気にしないよ」と私の必要ない毛の処理忘れところを優しくフォローしてくれました。

ただしこれを見て、「じゃあどこまでだったら許してくれるだろう」と思って、彼の前で必要ない毛を伸ばしっぱなしにしてみたのです。

はじめの多少だけ腕の必要ない毛を生やしたり、足の必要ない毛を見せたりしたケースは何ともなかったです。

ケロッとしたものでした。

だから調子に乗って必要ない毛を一層一層生やしてみました。

そしたら彼に案の条ですが、ドン引きされました。

生えすぎた必要ない毛を見て、彼は私に「やはりにこれは理不尽だから」と言ったのです。

彼を試す行動は最後には彼と別れたきっかけになりました。

自身でもバカだと考えます。

これだからいつも捨てられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です